FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

JUN STYLE 2月28日

文字色おはようございます。
2月、28日。土曜日です。
いきなりですが、クイズです。


ダ~ダンッ

潤くんスタッフの皆さんおはようございます。
今週は2007年、について話すということですが
2007年、初のアジアツアーを終え初のドームコンサート。
そして、Time~コトバノチカラ~ ツアーの年。
私にとって、長く楽しく
言葉の大切さ、伝え方について色々考えた夏でした。
さて、潤くんに質問です!
ジャン。

この年の、潤くんの、誕生日は
どこの、会場でコンサートをやっていたでしょう。
また、誕生日、最初に、誰からメールをもらったと潤くんは言っていたでしょか!

ということで。

これね、上は簡単ですよ。
浜松です。
浜松アリーナでコンサートやってました。
よく覚えてますね。えぇ。

メールはねぇ。
母親か、リーダーかな。
どっちかだと思います。
答え合わせ行きます。

ダダン。
答え。浜松アリーナ。そして、お父様。

うわぁ・・・
ブー。
おとんですか。
オヤジからメールもらうって珍しいんですよね。
おかんは結構あるんですけど。
そう、あのね、けっこうね、不思議なタイミングでメールもらうことが多いんですよ、
うちの父親。

「今日、何時に帰ってくるんだ」
みたいのが、急に入ってたり。
別に、なんで今日なんだろうってたまに思ったりするんですけど。

惜しいねっ!
すいません、うちの父上。 ふふ
忘れてました。はい・・

以上、メールいただきました。
ありがとうございました。

ってな感じでですね、今日は月イチ嵐ということで
2007年、の嵐について いろいろ語っていきたいと思います。
では、JUNSTYLEスタート。


♪Happiness
文字色文字色改めましておはようございます。
嵐の松本潤です。
今日は2007年の曲ですね嵐でHappiness 聞いてもらっています。

2007年っていうのはですね、いろんなことがあった年ではあるんですが。
2007年は花男のリターンズ、僕だと、あとバンビーノでしょ。
あと黄色い涙を5人でやったりとか、してる中で、
Love so sweetだったり 色んな曲を このHappinessもそうですが、出して、
ライブもそうだよだから、正月早々ライブやってたんですよ。
横浜と、大阪城ホール。
で、やって4月に、ツアーの
アジアツアーずっとまわってたものの、ライブのセットリストで
東京ドームと、京セラドーム大阪で初めてやって。
その夏にまた、アルバムでライブツアーやって。
最後また、東京と大阪で、ドームで終わるっていう
だからそうなんすよね。
ホントに、ここ2006年とか2007年ぐらいから年に2本ずつライブやってんですよね。
すごい話です。
去年もそうでしたけど。
5大ドームツアーやってアジアツアーやってっていう流れだったりとか。
すごいですよ。
2007年はホントに働いたなって思ってました。
そしたら2008年はもっと働いてたっていう。
したらも、2009年死んじゃうんじゃないかみたいなところあったんですけど。
したら2009年のアタマものすごいヒマだったって。
びっくりするぐらいヒマだったんですけど。はい。

では、ここで1曲、僕が2007年にやったドラマ、バンビーノの主題歌になった曲ですね


♪We can make it!



2007年、私の嵐との思い出はライブです。
私の嵐初ライブは2007年4月の、アジアツアー凱旋記念公演でした。
観るだけじゃなくて嵐と一緒にコンサートに参加できた楽しい公演でした。
10周年楽しみにしてます。


やっぱり、メール読むと多いみたいですね。
コンサートっていうのに、印象が深い方っていうのは。
あとね、凄いっ メール見てても思ったのはその2007年っていうのは
初めて、こう嵐を 知ったとか、
嵐のコンサートに初めて行ったとかっていうことをよく目にしますね。
ま、それだけなんか 
新しく興味を持ってくださった方が多かった年だったなって。
まぁ、確かに今でもそう僕らも思いますね。
だからそれこそ、前にもいってたんですけど
嵐のアジアツアーのその凱旋記念をやったのも
Timeコンサートを作ったときもそうだったんですけど
すごく、わかりやすい、ヒット曲推し?っていうのを、やってましたね。
Time作るときはすっごいそれを意識して作った感じありますね。
なんか、なんつーのかな。1部2部的な?
1回目のアジアツアーでやってたのがその、Aパターンだとしたら
Timeっていうアルバムで作ったツアーではあるんだけど
プラスなんかこうBパターン的な、ベストのBパターン的な作りをした記憶はありますね。

ま、結果的にすごく、まぁ、MJウォークがあったりとか、
よりなんかクリエイティブな、
ステージだったんじゃないかな~と。
テーマもなんか僕は、凄いピタッとはまって。
コトバノチカラってゆうのは凄い良かったなって。
まぁ思いますね。今、となってはですね、はい。

ではここでもう1枚。


私が嵐を好きになったきっかけである年なんです。
花男、リターンズもそうなんですが、
Love so sweet。
この曲がなかったら、もしかしたら、
ファンクラブに入ったりコンサートンに行ったり
ラジオを聴いたりはしていなかったかもしれないです。
Love so sweet、この曲を聴いてるとすごい幸せな気分になれます。
そして嵐を好きになるきっかけを作ってくれた曲です。
2007年、Timeツアーももちろん印象的だけど
私にとってはLove so sweet、この曲が一番の思い出です。

っさ!ということで。
聞いていただきましょう。
嵐で、ラララララ。Love so sweet。


♪Love so sweet

いい曲ですね
懐かしいね。
それこそLove so sweetも
細かいところとか、イントロと・、歌詞の細かいところとか
すごい打合せした記憶がありますね。 
今があるのはホントに2008年2007年ってずっと、昔に戻ってって、
昔から続いてるものだなぁて、
改めて思いますね。
ふふ。 2007年で早くも思うのかって話しなんですけど。
じゃあ、最後はクイズで締めようかな。
2007年クイ~ズッ!

2007年は、
え?あぁ俺すっかり忘れてた
僕妹。僕は妹に恋をするって、2007年のアタマ公開だ。
そうだ、2007年の1月ですね。
懐かしいスねぇ 
そう撮ったのずいぶん前だったんで。
公開、このタイミングなんだ。
そうだ、花男やりながら僕妹やってたんだ。
公開っていう意味では。


2007年は潤くんのお仕事量がものすごくて
雑誌もハンパない量でした
僕妹で純愛を語って、
花男のプロムの写真が出て
黄色い涙で自由について語って、
バンビーノになってて。
その合間に、ライブやアジア公演やドームがきて。
潤くんどれだけ大変だったのだろうと改めて感じています。
雑誌インタビューの中からクイズです。

2007年、2月23日発売のポポロより
人からいわれる僕のくせ、ベスト5。
一つ目「なんかね」 を、話しのつなぎに使う。

これね、ほんっとに使いますね。僕。

そして二つ目。
なぜか、いつも鼻を触っている。
三つ目。ちょっと変わった歩き方をする。
四つ目。初対面の人を上から下まで見る。
では、5はなんだったでしょう。

ということです。
あ、これふたつあるんですね、クイズが。

ひとつはそれ。そして、もうひとつ。

クイズ。


2007年7月23日、のポポロ さんです。
松本潤を作る、3大要素とは。
1、好奇心。
2、探究心。
3は何だったでしょう。

これね、こっちはね、僕ね刺激とかそういう感じだと思うんですよね。
好奇心探究心、刺激とか。
そんな感じだと思うんだけどなぁ
ふふ。思いやりとか全くないでしょ?

松本潤のくせ、ベスト5。
なんかねと言う、
鼻をさわる、
ちょっと変わった歩き方をする、
初対面の人を上から下まで見る、
そして、もうひとつ

いやぁ~
行きましょう!
まず、答え1は。

「成立しない」と連呼する。

あぁ
言うわ。
これね、俺ね思いつかなくて、
現場にいるマネージャーになんかある?って聞いたんだよ確か。
したら、打合せの時とかにね、ものすごいこの言葉を僕は連発するんですよ。
なんか、こここうで、こうこうこうで、こうしたらどぉ?って話しになったとき
いやそれ成立しないでしょう
っていうのをず~っと言い続けるんですけど。
そう、それでこれが出てきたんだと思うんですけど。

そしてクイズ2。
松本潤を作る3大要素。
好奇心、探究心、そしてもうひとつ。
へらず口だそうです。
全然違うね。
そんなちょっと前のことがわかんないようじゃどうしようもないなっ
失礼いたしました

確かに、こうやってみると、あぁ、なるほど!って思います。はい。
まぁそんな2007年ホントに、
いろんな事をやらせて頂きましたが、
なんか結果として、さっきもまぁちょっと重複しますけど、
2007年に嵐を知って、初めて知ったっていう方たちも実際に多かったと思いますし、
それまで僕等を応援してくださってた人たちと
なんかね、そのタイミングで
すごく仲良くなりましたみたいなメールとかもたくさんもらったんで
すごい嬉しいなと思っております。


♪ Oh Yeah!

嵐JUN STYLE、エンディングです。
今日は、Oh Yeah! 聴いてもらってます。
アルバム、Timeの中からですね、はい。
スポンサーサイト
22:50 | ラジオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
うたばんぐみ。 | top | ケンタくん。

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://smile146.blog103.fc2.com/tb.php/465-7f53bbec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。